2010年03月11日

<自宅放火>心神喪失認めず有罪判決 東京地裁(毎日新聞)

 自宅に放火したとして、現住建造物等放火罪に問われた東京都杉並区の無職、平沢美樹被告(27)の裁判員裁判で、東京地裁=波床(はとこ)昌則裁判長=は10日、懲役3年、執行猶予4年(求刑・懲役5年)の判決を言い渡した。弁護側が心神喪失による無罪を主張し、裁判員裁判で初めて責任能力の有無が本格的に争われたが、判決は完全責任能力があったと認定した。裁判員は判決後、責任能力を判断する難しさを語った。

 判決は「被告は当時うつ状態だったが、放火後に逃げて震えるなど結果の重大性を認識し、事件の記憶も残っている」と指摘。一方で「一家3人で心中しようとしたのが動機だが、現実味に欠ける発想もあり、うつ状態が犯行に影響したことは否定できない」と情状酌量した。

 会見した女性裁判員は「1年前の事件当時の精神状態を判断するのは難しかった」と述べた。公判では捜査段階で精神鑑定した医師が証言したが、男性裁判員(40)は「専門用語が多く分からなかった。もう少し一般的な言葉を使ってほしかった」と話した。

 判決によると、平沢被告は09年3月24日夜、自宅2階洋間のベッドに敷かれた布団にライターで火をつけ、壁など約13平方メートルを焼いた。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
放火容疑:新聞社事務所全焼 50歳の社員の男逮捕 滋賀
放火容疑:元住職を逮捕 寺や仏具に火災保険3億円 埼玉
京都呉服商宅放火:重傷の59歳夫が死亡
群馬4人死亡:拳銃使い心中・放火か…石材業者、負債1億
裁判員裁判:初の「心神喪失で無罪」主張 東京の放火事件

箸の持ち方、どう教える 無理やりは禁物、興味を持たせて(産経新聞)
北教組事件 小関容疑者「5区担当は15年前から」(産経新聞)
<ギフチョウ>今年初めて羽化 羽紋色鮮やか 岐阜(毎日新聞)
5月に新年金制度の基本原則 政府が議論開始(産経新聞)
<路面電車>復活を 北九州市議会で勉強会(毎日新聞)
posted by イシムラ ケンジ at 19:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。