2010年03月30日

生方副幹事長は続投、小沢氏の要請受け(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長は23日午後、国会内で生方幸夫衆院議員と会談し、「もう一度、一緒にやってくれないか」と述べ、副幹事長留任を要請した。

 生方氏も了承し、副幹事長にとどまることが決まった。

 生方氏は今月17日付の産経新聞のインタビューで、「今の民主党は権限と財源をどなたか一人が握っている」などと党運営を批判した。

 高嶋良充筆頭副幹事長が自発的辞任を求めたが拒否したため、党執行部は生方氏を解任する方針を決め、23日に正式決定する予定だった。

「人間関係わずらわしく」刑務所のガラス割る 容疑の受刑者を書類送検(産経新聞)
EPA初、外国人看護師候補者3人が国試合格(医療介護CBニュース)
ホームから男性突き落とす=電車内で電話、注意されもみあい−警視庁(時事通信)
強盗致死、検察審が1人を「不起訴不当」…茨城(読売新聞)
名古屋市長 自転車で町へ 議会リコールの受任者募る(毎日新聞)
posted by イシムラ ケンジ at 20:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。